エイチ・エス証券|株・外債・投資信託

おはようマーケット


2022/06/23 号

ドル/円(AM8:40頃)
135.96
前日比-0.47

ユーロ/円(AM8:40頃)
143.57
前日比-0.12


『NYダウ47ドル安、景気後退への警戒感拭えず』

◆ 当社主催のWEBセミナー申し込み受付中 ◆
6月29日(水)19時から『米ドル建資産への投資戦略』WEBセミナーを開催いたします。
参加無料となっておりますのでどうぞお気軽にお申込みください。
 https://www.hs-sec.co.jp/lp/webinar_202206/

ドル/円(AM8:30頃)
135.96
前日比 -0.47

ユ−ロ/円(AM8:30頃)
143.57
前日比 -0.12


欧州主要株式指数は下落
イギリスのロンドン証券取引所の株価指数FTSE100は7089.22(-62.83 -0.87%)、ドイツのフランクフルト証券取引所の株式指数DAXは13144.28(-148.12 -1.11%)、フランスのパリ・ユーロネクスト証券取引所の株価指数の5916.63(-48.03 -0.80%)で取引を終了した。
根強い景気後退懸念が先行し上値は重くなった。

米国株式市場は反落
ダウ平均は47.12ドル安の30483.13ドル、ナスダックは16.222ポイント安の11053.080で取引を終了した。
FRBのパウエル議長の発言が警戒していたほどタカ派的ではなかったとの見方が強まり一時ダウは上昇したが、景気後退入りへの懸念が根強く小幅安で引けた。
個別では、ネットフリックスは広告事業の提携先にメディア大手が複数上がっていることが好感され4.7%高。一方で、コインベースは競合他社がビットコインの売買手数料を0にすると発表し、手数料引き下げ競争による収益悪化が懸念され9.7%安。アルトリアはFDAが電子たばこの「ジュール・ラブズ」を販売禁止へ準備を進めているとの報道で9.2%下落

本日の東京株式市場はもみ合いか
昨日の米国株式市場が下落となったことから東京株式市場も安く始まることが予想される。
FRBのパウエル議長の発言で一旦警戒感は和らいだが、依然として利上げへの警戒感は強く、強弱感が対立し方向感に欠ける展開となる可能性がある。

【本日の主な予定】
≪国内≫東証スタンダード上場:ホームポジション<2999>、東証グロース上場:坪田ラボ<4890>,ジャパンワランティサポート<7386>
≪海外≫仏・製造業購買担当者景気指数(16:15)、独・製造業購買担当者景気指数(16:30)、ユーロ・製造業購買担当者景気指数(17:00)、英・製造業購買担当者景気指数(17:30)、米・新規失業保険申請件数(21:30)、米・製造業購買担当者景気指数(22:45)

(時間は日本時間。予定は変更される可能性があります。)

◇バックナンバー


登録はこちら
◎口座が無くても無料です◎


当メールの内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、将来の結果を保証するものでもございません。またこれらの情報によって生じたいかなる損害についても、本情報提供者は一切の責任を負いません。本メールに掲載されている事項は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての意思決定・最終判断はお客様ご自身でお願いいたします。本画面に表示されている情報を第三者への提供、再配信を行うこと、独自に加工すること、複写もしくは加工したものを第三者に譲渡または使用させることはできません。
口座開設資料請求


H.S.SECURITIES Co.,Ltd