エイチ・エス証券|株・外債・投資信託

おはようマーケット


2018/10/15 号

ドル/円(AM8:40頃)
112.21
前日比+0.11

ユーロ/円(AM8:40頃)
129.59
前日比-0.33


『先週末のNYダウは287ドル高も不安定な値動き。』

先週末の欧州株式市場は小幅安。
FT100種総合株価指数は前日比-11.02ポイント(-0.15%)の6995.91ポイントで終えた。独DAX指数は前日比-15.54ポイント(-0.13%)の11523.81ポイントで終えた。FT100は3日続落したが構成銘柄の約6割が上昇した。
午前中はアジアの株式市場が高くなったことから上昇したが午後は買いが続かずに下落した。
たばこのインペリアル・ブランズやブリティッシュ・アメリカン・タバコが大幅に下落し、指数を押し下げた。
フランクフルト株式市場では、独DAX指数は3日続落し2017年2月上旬以来1年8カ月ぶりの安値となった。
その他の欧州の主要株式相場も下落した。

先週末の米国株式市場は反発。
ダウ工業株30種平均は前日比+287.16ドル(+1.15%)の25339.99ドル。
ナスダック総合指数は前日比+167.83ポイント(+2.29%)の7496.89。NY原油先物は前日比+0.37ドルの71.34ドル。
JPモルガンとシティグループが発表した7-9月期決算は融資拡大などが寄与して増益となり、1株利益は市場予想を上回った。金融株に買いが入りNYダウは取引開始直後に414ドル高まで上げた。しかしながら午後になると52ドル安となる場面もあり相場は不安定な値動きとなった。
終盤は大型ハイテク株に買いが膨らみ、マイクロソフトやアマゾンが上昇した。

本日の日経平均株価は売りが優勢か。
シカゴのCME225先物は大阪取引所日中終値比-100円の22550円。
米国株の下落が一服したが市場は依然として不安定となっている。ムニューシン米財務長官が日本との物品貿易協定(TAG)交渉で為替条項導入を求める方針を示したことも不安材料だ。下値のめどとしては200日移動平均(22507円)が意識されそうだ。
ドル/円は現在112.21円前後で推移しているが、これは前営業日の東京時間15時過ぎと比べ15銭前後の円高水準。
8時30分にシンガポール取引所(SGX)の日経平均先物12月限は前日の清算値と比べ125円安の22540円で寄り付いた。
日経平均株価の5日移動平均線(23208円)は下落し、25日移動平均線(23364円)を下回るデッドクロスに転換した。
RSI(相対力指数・14日)は33.25%に上昇したが、売られすぎと言われる30%に近い。

【本日の主な予定】

≪国内≫特にございません。

≪海外≫10月の米NY連銀製造業景況指数(21:30)、7-9月期決算=バンク・オブ・アメリカ

(時間は日本時間。予定は変更される可能性があります。)

◇バックナンバー


envelope2「おはようマーケット」 登録はこちら
◎口座が無くても無料です◎


当メールの内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、将来の結果を保証するものでもございません。またこれらの情報によって生じたいかなる損害についても、本情報提供者は一切の責任を負いません。本メールに掲載されている事項は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての意思決定・最終判断はお客様ご自身でお願いいたします。本画面に表示されている情報を第三者への提供、再配信を行うこと、独自に加工すること、複写もしくは加工したものを第三者に譲渡または使用させることはできません。
口座開設資料請求


H.S.SECURITIES Co.,Ltd