エイチ・エス証券|株・外債・投資信託

おはようマーケット


2020/06/05 号

ドル/円(AM8:40頃)
109.18
前日比+0.21

ユーロ/円(AM8:40頃)
123.84
前日比+1.46


『昨日のNYダウは11ドル高。SGXは5円安の22760円で寄り付いた。』

昨日の欧州株式市場は小反落。
FT100種総合株価指数は前日比-40.97ポイント(-0.64%)の6,341.44ポイント。
独DAX指数は前日比-56.80ポイント(-0.45%)の12,430.56ポイントで終えた。
FT100は4日ぶりに反落した。
欧州中央銀行(ECB)の追加緩和決定を背景に前日終値を上回る場面があったが、いったん利益を確定させるための売りが幅広い業種で出た。
独DAXは3日ぶりに反落した。
自動車部品大手のコンチネンタルや医薬・農薬大手のバイエル、航空エンジン大手のMTUエアロ・エンジンズなどの下げが目立った。

昨日の米国株式市場はまちまち。
ダウ工業株30種平均は前日比+11.93ドル(+0.05%)の26,281.82ドル。
ナスダック総合指数は前日比-67.10ポイント(-0.69%)の9,615.81。WTI原油は+0.12ドルの37.41ドル。
NYダウは利益確定売りから一時190ドル近く下げたが、経済活動再開の広がりを好感した景気敏感株への買いが相場を支え、引け間際に上げに転じた。
ハイテク株比率が高いナスダックは5営業日ぶりに反落し、マイクロソフト、アップル、アルファベット、フェイスブックなど主力株は軒並み下げた。
アメリカン航空グループは旅客需要の回復を受け、7月から米国内線の便数を大幅に増やすと発表したことで41.1%高。
この発表を受けて航空機受注も持ち直すとの期待が強まり、ボーイングは6.4%高となった。
電子商取引のイーベイは2020年4-6月期の業績予想を上方修正したことで6.3%高。一時上場来高値を付ける場面もあった。

本日の日経平均株価は反落か。
日経平均は今週817円上昇しており、週末要因や、今晩の5月米雇用統計が控えていることを勘案すると売りが優勢になるのではないか。
米雇用統計における失業率は前月(14.7%)からさらに上昇するとの見方が多いが、雇用情勢の悪化は織り込んでいるとみられる。
8時30分にシンガポール取引所(SGX)の日経平均先物6月限は前日の清算値と比べ5円安の22760円で寄り付いた。
日経平均株価の5日移動平均線(22315円)は上昇し、25日移動平均線(20768円)を上回る、ゴールデンクロスを維持した。
RSI(相対力指数・14日)は92.21%に下落したが、買われすぎといわれる70%を上回っている。

【本日の主な予定】

≪国内≫4月の景気動向指数速報(14:00)、3月期決算=東芝

≪海外≫5月の米雇用統計(21:30)

(時間は日本時間。予定は変更される可能性があります。)

◇バックナンバー


envelope2「おはようマーケット」 登録はこちら
◎口座が無くても無料です◎


当メールの内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、将来の結果を保証するものでもございません。またこれらの情報によって生じたいかなる損害についても、本情報提供者は一切の責任を負いません。本メールに掲載されている事項は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての意思決定・最終判断はお客様ご自身でお願いいたします。本画面に表示されている情報を第三者への提供、再配信を行うこと、独自に加工すること、複写もしくは加工したものを第三者に譲渡または使用させることはできません。
口座開設資料請求


H.S.SECURITIES Co.,Ltd