エイチ・エス証券|株・外債・投資信託

おはようマーケット*バックナンバー


2020/11/17 号

ドル/円(AM8:40頃)
104.52
前日比-0.11

ユーロ/円(AM8:40頃)
123.91
前日比-0.04


『昨日のNYダウは470ドル高。ワクチンの開発期待から。SGXは185円高の26165円で寄り付いた。』

昨日の欧州株式市場は上昇した。
FT100は前日比+104.90ポイント(+1.66%)の6,421.29ポイントで終えた。
独DAX指数は前日比+61.89ポイント(+0.47%)の13,138.61ポイントで終えた。
FT100は大きく反発し、終値では6月以来、約5カ月ぶりの高値で引けた。
昼前に新型コロナウイルスワクチンの開発を手がけるバイオ製薬のモデルナが、ワクチンの臨床試験で高い有効性が示されたとの発表をきっかけに上昇した。
航空機エンジンのロールス・ロイス、航空のインターナショナル・エアラインズ・グループ、インターコンチネンタル・ホテルズ・グループが買われた。
一方で巣ごもり需要が追い風となるネット専業スーパーのオカド・グループとネット食品デリバリーのジャスト・イートは売られた。
独DAXは続伸した。
欧州の主要株式相場は全面高となった。

昨日の米国株式市場は続伸。
ダウ工業株30種平均は前日比+470.63ドル(+1.59%)の29,950.44ドル。
ナスダック総合指数は前日比+94.84ポイント(+0.80%)の11,924.13。WTI原油は+1.21ドルの41.34ドル。
米バイオ製薬のモデルナが16日、コロナワクチンの臨床試験の初期データで「94.5%の有効性が示された」と発表。
9日には米製薬のファイザーも、独ビオンテックと共同開発するワクチンの高い有効性が確認できたと発表していることからワクチン普及への期待が高まった。
NYダウは今年2月以来となる過去最高値を更新した。
また、多くの機関投資家が運用指標とするS&P500は連日で過去最高値を更新した。
主要な株価指数を作成するS&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズは16日夕、電気自動車のテスラをS&P500の構成銘柄に採用すると発表した。12月21日の米株市場の取引開始前に組み入れる。指数採用の条件をすべて満たし同指数採用への期待が強まっていたが、9月は採用が見送られていた。
バイオ製薬のモデルナは良好な臨床試験の初期データを発表したことで9.6%高。
新型コロナワクチンが早期に実用化する期待からボーイングは8.2%高。

本日の日経平均株価は続伸か。
米ファイザーに続き米モデルナがワクチン開発の前進を示すニュースを発表し、欧米株価が上昇している。
日経平均が26000円を超えれば、1991年6月3日以来およそ29年ぶりとなる。
ただし、11月に入って2929円(12.8%)高と急ピッチで上昇を続けているため、高値警戒感から利益確定売りも出て上値を重くしそうだ。
8時30分にシンガポール取引所(SGX)の日経平均先物12月限は前日の清算値と比べ185円高の26165円で寄り付いた。
日経平均株価の5日移動平均線(25413円)は上昇し、25日移動平均線(23984円)を上回る、ゴールデンクロスを維持した。
RSI(相対力指数・14日)は82.45%に上昇し、買われすぎといわれる70%を上回っている。

【本日の主な予定】

≪国内≫特にございません。

≪海外≫豪中銀が金融政策会合議事要旨を発表(9:30)、10月の米小売売上高(22:30)、11月の全米住宅建設業協会(NAHB)の米住宅市場指数(24:00)、8-10月期決算=ウォルマート、ホーム・デポ

(時間は日本時間。予定は変更される可能性があります。)


バックナンバー一覧rightarrow2
当メールの内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、将来の結果を保証するものでもございません。またこれらの情報によって生じたいかなる損害についても、本情報提供者は一切の責任を負いません。本メールに掲載されている事項は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての意思決定・最終判断はお客様ご自身でお願いいたします。本画面に表示されている情報を第三者への提供、再配信を行うこと、独自に加工すること、複写もしくは加工したものを第三者に譲渡または使用させることはできません。

口座開設資料請求


H.S.SECURITIES Co.,Ltd